まるい食品のこだわり

オーガニック(有機農産物)食品とは…

環境問題や健康志向、食品の安全性、自然食への感心の高まりから、オーガニック(有機農産物)食品を求める人が増えていますが、「無農薬」と「有機農産物」を混同している人も多いようです。農薬は使わないけれど、化学肥料を使っているものは「有機農産物」とはいえません。

平成12年より施行された改正JAS(日本農林規格)法では、有機農産物の表示制度が盛り込まれ、有機農産物と呼べるのは、「化学合成農薬や化学肥料を一切使わずに3年以上経過し、堆肥などの有機質肥料による田畑で栽培され収穫されたもの」とされています。

本物の有機食品の目印「有機JASマーク」

JAS法改正に伴い、平成13年4月から、表示規制が開始されました。
「有機」の規格に適合しているかどうか、厳正な審査を受けた上で、認定されたものだけが「有機JASマーク」を表示できるようになったのです。
今まで曖昧にされていた基準がこの規制により明確になり、お買い求め頂く際に、直接お客様の目で確認していただけるようになったわけです。
つまり、「有機JASマーク」とは安全、安心の証なのです。

有機農産物加工品の場合

こんにゃくなどの加工品についても、まず原料が認定をきちんと受けた農産物であること、さらに原材料である有機農産物の持つ特性が、製造工程で厳密に保持されること、科学的に合成された添加物、加工補助剤の使用を避けることなどが条件となり、認定機関より製造ラインや包装などが厳しくチェックされ、そのうえで承認されないと「有機JASマーク」を表示することはできません。

当社の取り組み

食物が身体に与える影響は、計り知れません。
当社では、「食品が身体に優しいことは、最も大切なこと」という認識の上に立ち、しかも現在だけでなく、将来の環境問題も視野に入れ、常に積極的に研究を重ねています。その企業の理念の一環として、「有機JASマーク」の認定にもいち早く取り組んで参りました。
より安全なものを、より美味しく召し上がっていただくためには、まず、原料を吟味することが基本です。「有機JASマーク」は、その姿勢を形としてお伝えするための目安になると考えています。

有機農産物は、食味的にも優れているといわれ、現在、当社の商品も数種類が認定を受け販売されております。国内産の原料を使うことはもちろんのこと、より高い品質を追及すべく、生産農家の育成などにも参加しています。健康を支える毎日の食卓に、確かな安心とおいしさをお届けしたいと願っています。

※関連サイト【日本農林規格(JAS)協会】http://www.jasnet.or.jp/